事務が経営をサポートする時代!情報オンラインシステム。

医療事務科

生徒 ■修学期間/1年制
■29年度募集/男女30名

医療機関の受付業務の養成を目的とする。

鹿児島ではじめての医療事務コンピュータ設備を備えた医療事務のコンピュータ科を開設し、唯一コンピュータ医療事務技術者として養成を目指している。
実務知識豊かな学生を数多く医療界に送りだし医療機関からはコンピュータ事務技術者として高い評価を受けている。
医療事務科では、受付マナー・受付会計・保険請求事務・レセプト〈診療報酬明細書〉作成・請求書・総括表まで医療事務基礎から応用知識まで修得、 実際にIT化に対応しての医事専用コンピュータ事務処理操作等、医療事務のスペシャリストをめざす。

常に進化する医療情報システム

医療秘書・医療事務に求められる高度なマネジメント能力を養います。 いま医療は、医療技術面でも、また病院経営の面でも、かつて経験したことのないほどのめざましい変貌を遂げています。膨大なデータ管理、 セクションごとの業務効率化、各セクションを結ぶネットワーク・・・。 これらの充実があってこそ医療活動が実現でき、こうしたニーズに応えるために 本校では独自の技術力でレセプトを中心としたシステムはもちろん、パソコンの持つ利便性を有効に使い、「医療情報システム」をつくり、電子カルテを 中心としたシステム作りや近い将来ネットカルテシステムを見据えたC&C技術の行き届いた学習を行う。

病院情報システム

電子化管理 データ照会業務 データ交換業務 医事会計システム
カルテ
エックス線
検査
薬の調剤記録
診療情報照会
空ベット情報照会
薬事情報検索
臨床検査結果照会
診療情報検索
臨床検査結果報告
電子メール
薬剤情報交換
 

いつでも使える4つのパソコン室を完備!

4つのパソコン室:エクセルもいつでも利用可能!

平成28年度 カリキュラム

●医学基礎科目
基礎医学・薬理学・新看護学(内科・外科)
●専門技術科目
秘書概論・医療事務基礎学(I) (II)・医療簿記・コンピュータ処理(I) (II)・受付・会計実習
●応用科目
医療法規・衛生法規(診療情報)
●実技科目
接遇マナー

※全コース必須となります。

技能検定は就職の決め手、社会へのパスポート。資格&技能 LICENSE

下記のマークは本校の学生に取得していただく全国統一の医療秘書・医療事務に関する検定です。

  • 診療報酬請求事務能力認定試験(年2回)
    (公財)日本医療保険事務協会主催
  • ビジネス能力検定 [2〜3級](年2回)
    (一財)職業教育・キャリア教育財団主催
  • 医療秘書技能検定 [3級](年2回)
    (一社)医療秘書教育全国協議会主催
  • 医療事務技能審査試験(月1回)
    (一財)日本医療教育財団主催

下記のマークは本校を卒業と同時に取得できる資格です。

  • 医療事務士
  • 医療事務コンピュータ技能
  • 調剤薬局事務士
  • 介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー級)
の全国統一の試験は校納金以外に受験料が必要となります。

毎日が発見の連続です。

先輩からのメッセージ  医療事務の基本やマナーをみっちり学習しました。コンピュータ入力には自信があるのですが、いろんな患者さんと毎日接しているので気配りには気をつけています。勉強だけでなく、対人関係の学習もさせていただいて感謝しています。